株主優待 寄贈結果のご報告(2011年度)

寄贈結果のご報告

明治ホールディングスでは、株主さまの日頃のご支援、ご愛顧に感謝し、株主優待を実施しております。また、株主さまのご意志により優待品の送付に代えて同等品を福祉団体等へ寄贈する「寄贈選択制度」を今年度も実施いたしました。

今年度は、全国の障がいのある児童の支援団体に加え、東日本大震災の被災地の方々への支援も実施し、合計351団体へ特定非営利活動法人日本NPOセンターを通じて寄贈を実施いたしました。

今年度実績

寄贈にご賛同いただきました株主さま 4,532名
株主さまから寄贈いただきました相当金額 1,231万9千円

※明治ホールディングスからも同額相当分を寄贈し、合計2,464万円相当分の製品を寄贈いたしました。

東日本大震災で被災されたみなさま、関係者のみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。
またご賛同いただきました株主のみなさまのお気持ちに、心より感謝申し上げます。

寄贈先訪問レポート

~四ツ倉学童クラブ~ (福島県)(2011年10月18日訪問)

福島県の沿岸部近くに位置する『四ツ倉学童クラブ』を訪問しました。こちらは、3月の震災の影響で活動場所の移動を余儀なくされ、現在は近所にある老人福祉センターを活動場所としています。放課後、児童たちが集まってきた頃におやつの時間となりましたが、いつもよりかなり大量のおやつを見つけた児童たちは大喜びで、元気に動き回っていました。大きな地震や目の前まで迫った津波で大変な経験をされたと思いますが、児童たちの笑顔や元気な姿を見ることができ、ホッとした訪問となりました。

~特定非営利活動法人 アフタースクールぱるけ~ (宮城県)(2011年10月19日訪問)

仙台市の中心に比較的近い場所に位置している『特定非営利活動法人 アフタースクールぱるけ』を訪問しました。震災の影響で一時ライフラインが止まって苦労はしたものの、建物への影響はほとんどなく、活動は何とか無事に続けられているとのことでした。伺った当日はお誕生日会が実施され、児童たちみんなで分担してデコレーションケーキを作り、更に寄贈されたお菓子と飲料が追加され、山盛りのおやつに児童たちは大喜びでした。スタッフの方々に身や心をゆだね、安心して遊びながら学んでいた様子が大変印象的でした。

~特定非営利活動法人 ふる里福祉会桜の園~ (岩手県)(2011年10月20日訪問)

盛岡駅から車で30分程度進んでいくと、そこは山の中。新鮮な空気と大自然に囲まれたところに『特定非営利活動法人ふる里福祉会桜の園』はありました。障がいのある大人の方々と児童たちが同じ屋根の下で、それぞれで活動していました。震災の影響はそれほどでもないとのことでしたが、それよりも事業の拡大をしたいけれども、資金面が苦しくて…と園長先生はおっしゃっていました。大人の方々は、干し柿を作ったり、栗を拾いに行ったりと、恵まれた自然環境を存分に活かした作業を行っていました。児童たちの元気な笑い声で、スタッフや障がいのある大人の方々も元気をもらっているようで、調和の取れている団体だと感じました。

寄贈先からのお便り

株主優待 寄贈先からたくさんのお便りをいただきました(2011年度)

バックナンバー

過去の「株主優待寄贈のご報告」はこちらでご覧いただけます。

2010年度
2009年度