明治グループは、
「おいしさ・楽しさ・健康・安心」の世界を拡げ、
お客さまの日々の生活充実に
貢献してまいります。

明治ホールディングス株式会社 代表取締役社長 松尾 正彦明治ホールディングス株式会社 代表取締役社長 松尾 正彦

明治ホールディングス株式会社
代表取締役社長
松尾 正彦

私たち明治グループは、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代の皆さまへ毎日の生活に欠かすことのできない「乳製品」「菓子」「栄養」「薬品」など幅広い分野の製品を通じて、「おいしさ・楽しさ」の世界を拡げ、「健康・安心」への期待に応えてゆくことを使命として事業活動を営んでいます。

2016年度を振り返りますと、グループ全体の連結営業利益は前年比増益となり、5年連続して増益を果たすことができました。食品セグメントではコア商品へ経営資源を集中しながら構造改革を実行した結果、大幅な増益となりました。一方、医薬品セグメントでは海外事業が好調だったものの、国内において想定以上の薬価改定と市場低迷の影響を受けて、課題を残す1年となりました。

今年度は、2015-2017年度グループ中期経営計画「STEP UP 17」の最終年度となります。引き続き「成長の加速とさらなる収益性向上」を重点テーマに掲げ、優位事業を徹底的に強化するとともに経営基盤の強化にも取り組んでまいります。

私たち明治グループは昨年10月に創業100周年を迎えました。このたび、10年後のグループが目指すべき姿を示した「明治グループ2026ビジョン(骨子)」を策定し、次なる100年へ向けて新たな一歩を踏み出しました。これまでの100年間に培った強みに新たな技術と知見を取り入れ、「食と健康」で一歩先を行く価値を創造し、日本、世界で成長し続けてまいります。

また、「食と健康」に関わる企業として、世界が直面する社会的課題にも取り組み、持続可能な社会へ貢献してまいります。

引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。