一歩先を行く価値を創り、価値を伝える

数多くの経験や知見をベースにした研究開発力と確かな品質という強みを生かし、常に一歩先を行く価値を創り続けています。そして、その価値をお客さまやユーザーの皆さまに伝えてご理解いただき、また私たちもお客さまやユーザーの皆さまの声から学んでいます。価値を創り、価値を伝えていくことで、持続的な企業価値向上を目指しています。

豊かな素材と優れた研究開発力

お客さまの日々の生活充実に貢献するため、新たな価値創造に挑戦し続けています。

食品事業は近年の健康志向の高まりを受けて、お客さまの期待に応えるため商品開発を続けています。乳酸菌研究では、約5,500種類にもおよぶ乳酸菌ライブラリーをベースに新たな健康価値を提案するヨーグルトを開発しています。また、カカオ豆由来のカカオポリフェノールやカカオプロテインに関する研究では、さまざまな知見をもとに、チョコレート摂取による新たな健康価値の提供を目指しています。

薬品事業ではグループ理念である「健康・安心」への期待に応えていくことを志しています。感染症・中枢神経系疾患領域における研究開発に加え、ジェネリック医薬品の開発や、農薬、動物薬の研究開発を行っています。革新的医薬品の開発が期待される分野においては産学共同研究の取り組みを開始し、また自己免疫疾患やがんの治療、再生医療分野にも挑戦していきます。

安全・安心な品質

高品質で安全な製品・サービスや適切な情報の提供を通じて、お客さまの信頼と満足の獲得に努めています。

グループ理念体系に基づき、各事業で品質や信頼性保証に関する方針と体制を徹底するとともに、品質改善活動を通じて従業員の業務改善能力の向上にも努めています。
また、各事業ともお客さまやユーザーの皆さまからのお問い合わせ窓口を設けており、万が一、品質に関する事故等が発生した場合には経営トップまで情報が共有され、速やかに対応しています。各工場、関連会社、本社各部門の品質の情報が集約される仕組みをとっており、再発防止にも努めています。

マーケティング力・営業力

生み出した新たな価値を適切に伝え、寄せられた声や反応を次の価値創造に生かしています。

食品事業では、常温・チルド・フローズンと、ほぼ全ての温度帯の商品を、スーパー・コンビニエンスストア・ドラックストアなど幅広い流通チャネルを通じてお客さまにお届けしています。そして「お客様相談センター」や「赤ちゃん相談室」ではお客さまの声に迅速かつ適切にお答えし、商品やサービスの開発・改善などにも反映しています。また、食育活動やホームページを通じて「健康な食生活」への関心を高める情報提供にも取り組んでいます。

薬品事業では、MR(医薬情報担当者)による質の高い情報提供・収集活動を推進しています。医療現場から最新の使用症例に関する情報を収集して安全管理統括部門に報告する一方、そこで集積・評価された結果に基づき、より有効かつ安全な適正使用方法を医療機関に提供しています。また、医療現場のニーズをつかみ、研究開発部門にフィードバックすることで、新薬開発や既存医薬品の改良にもつなげています。