中国におけるチルド牛乳およびヨーグルト販売開始のお知らせ

2013/11/15

当社は、中国における当社事業子会社 株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫、以下明治)の 100%出資会社「明治乳業(蘇州)有限公司」が、市販向けチルド牛乳およびヨーグルトの生産を開始し、同じく100%出資会社「明治乳業貿易(上海)有限公司」を通じて、華東エリアにて2013年 12月1日より順次販売を開始することをお知らせします。

明治グループは、現在、2012年度から2014年度までのグループ中期経営計画「TAKE OFF 14」に従い、本計画の重点テーマ「収益性向上と飛躍に向けた戦略投資」に基づいた積極的な事業展開を推進しております。海外事業につきましては、中国、アジア、米国を3大重点エリアと位置づけ、事業の育成 を図っております。

近年、中国の牛乳・ヨーグルト市場は、ライフスタイルや嗜好の変化、健康志向の高まりなどを背景に伸長しており、それに伴い、品質や風味などへのニーズも多様化しております。このような状況の中、 明治は国内で培った製造技術やノウハウを活かし、高品質かつ安全でおいしいチルド牛乳やヨーグルトを同国で販売すべく、2011年に独資にて「明治乳業(蘇州)有限公司」を設立し、鋭意準備を進めて まいりました。

このたび販売する商品は、良質な生乳を使用し、すっきりとした風味に仕立てたチルド牛乳3品 「明治醇壹鮮牛乳950ml/450ml/200ml」(12月1日発売)と、ブルガリア由来の乳酸菌を使用した爽やかな酸味のヨーグルト3品「明治ブルガリアヨーグルト加糖100g/100g×4」 (12月1日発売)、「明治ブルガリアヨーグルトプレーン400g」(12月8日発売)の計6品です。 3年後の2016年度には年間売上高20億円を目指します。

当社は本事業の育成・強化を通じ、健康やおいしさを追求した新しい価値の提案を行い、同国の チルド牛乳・ヨーグルト市場の活性化を図るとともに中国のお客さまの毎日の生活充実に貢献して まいります。

■「明治乳業(蘇州)有限公司」概要

(1)会社名
(英文名)
明治乳業(蘇州)有限公司
Meiji Dairies (Suzhou)Co.,LTD.
(2)設立日 2011年3月28日
(3)資本金 4,456万米ドル ※株式会社 明治による100%出資
(4)工場所在地 中国 江蘇省蘇州高新区
(5)工場用地面積 3.5万m²

■商品ラインアップ

※発売日:
(1)~(5) 12月1日発売
(6) 12月8日発売

以上