株主優待 寄贈先からたくさんのお便りをいただきました(2021年度)

2022年3月10日

明治ホールディングスでは、株主さまのご意志により優待品の送付に代えて同等品を福祉団体等へ寄贈する「寄贈選択制度」を設け、実施しております。2021年度は、東日本大震災をはじめとする各被災地復興支援団体および全国の障がいのある児童の支援団体等、合計299団体へ、認定特定非営利活動法人日本NPOセンターを通じて12月初旬に寄贈を実施いたしました。
また、あわせて株主さまからお寄せいただきました、被災地の方々や障がいのある児童の皆さん宛の『応援メッセージ』を各団体宛にお伝えいたしました。

各団体のスタッフの方々より、「株主さまからの温かいお気持ちを一人でも多くの方々にお届けしたい」と、コロナ禍でさまざまな配慮をしながらの活動をご報告いただいており、この場をお借りしてご協力いただいている皆さまに厚くお礼申し上げます。

寄贈先の皆さまより、温かいお気持ちが込められたお手紙や、その思いが表現された作品をたくさんお寄せいただきました。その中のコメントをいくつかご紹介させていただきます。

「届いた箱を開けながら、子ども・職員共に歓喜の声をあげていました。」
「甘くておいしいお菓子はみんなを幸せな明るい気持ちにさせてくれる。とてもありがたかったです。」
「~(略)~コロナ禍の長引く中、大人も子供もさまざまに制約された生活で心身の疲弊感は増すばかりです。そのような折、子供たちの大好きなお菓子をいただき、とても嬉しいクリスマスのプレゼントになりました。」
「子どもたちのキラキラと輝く目・笑顔を見て、株主さまのプレゼントのすごさを感じました。」
等です。

また株主さまからお寄せいただきました応援メッセージにも、

「温かい言葉に救われます。」
「介護の疲れが少し楽になりそうです。」
「また頑張って毎日過ごせます。」との声が届いております。

以下のお便りをクリックすると拡大されますので、寄贈先の皆さまのお気持ちを感じていただけましたら幸いでございます。

明治ホールディングスでは、一人でも多くの方の笑顔が増えるよう、この制度を継続していく所存でございます。よろしくお願い申し上げます。

バックナンバー

過去の「株主優待寄贈レポート」と「寄贈先からのお便り」はこちらでご覧いただけます。

2021年度
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度