社員インタビュー

(経歴紹介)
2018年入社。社外広報やホームページ、学生の見学会などを担当する入社2年目の若手社員。

Q.なぜKMバイオロジクス(株)に入社を決めたのでしょうか。

A.就職を考えた際、第一に出身である熊本県で働きたいと考えました。これからの人生を考えた時に、大切な家族や友達と過ごせる時間は意外と少ないと感じ、より多くの時間をともに過ごせる出身県での就職活動を始めました。また、大学時代は部活動のマネージャーとして、日々選手のサポートをしてきました。人の役に立つことの素晴らしさを学んだ経験から、会社全体を支えるコーポレート職を志望しました。こちらへ入社した一番の決め手は、尊敬する先輩が生き生きと働いており、「先輩のように私もここで働きたい!」と思ったからです。

Q.実際入社した感想はいかがでしたか?

A.当社はヒト用から動物用まで、さまざまな医薬品の研究・開発・製造・販売を一貫して行う日本でも数少ない製薬メーカーで、社員の多くは理系出身です。理系の方は堅く、話しかけにくそうなイメージを持っていましたが、当社内は、気さくな方が多く、文系出身で分からないことが多い私に対し、細かく丁寧に教えてくれます。本当に素敵な方が沢山いますので、多くのステークホルダーの皆さまに広報担当者としてその姿を伝えたいと思っています。


Q.現在所属する部署ではどのような業務を担当していますか。

A.私が所属する経営企画部 広報課では株主総会、取締役会の運営、社内外における広報活動、サステナビリティに関する推進活動などの業務を担っています。その中で、私はホームページや社外広報、工場見学の対応、会社紹介などのビデオやパンフレットの制作を担当しています。社内だけではなく、社外の方とも連携することが多いので、コミュニケーションを大切に日々の業務に取り組んでいます。

Q.社会人としてスタートを切ったばかりだと思いますが、何かやりたいことはありますか?

A.私が入社した3か月後の2018年7月に明治グループの一員となり、社名も「KMバイオロジクス(株)」となりました。この社名と事業内容がステークホルダーの皆さまに浸透するには、もう少し時間がかかりそうです。私達広報課だけではなく、従業員や明治グループの皆さんの協力を得ながら、少しでも早く当社のことを知っていただくために、さまざまな取り組みを進めていきたいと思います。その一つとして、現在、主に学生向けとなっている工場見学を、今後は一般の方を対象とした見学会を実施することで、当社の事業や多様な取り組みを紹介したいと考えています。熊本県を代表する企業として、地域の皆さまに親しまれ、また、より開かれた会社になるよう、貢献していきたいです。