2022年9月

たんぱく質は、私たちの体を構成する大切な栄養素の一つです。できるだけ多くの人々に、おいしく手軽にたんぱく質を摂ってもらいたい。たんぱく質を付加した「TANPACT(タンパクト)」は、こうした思いから生まれた商品です。

健康食品やサプリメントの売り場に行くと、たんぱく質を付加した食品がたくさん並んでいます。ほとんどの商品がボディービルダーやアスリート、あるいはジムなどで運動をする人に向けて作られていますが、それは体を鍛えるときにたんぱく質が必要だからです。筋肉は、高い負荷がかかると強く大きくなりますが、そのためには、筋力トレーニングだけでなく、十分なたんぱく質の摂取が必要です。不十分な場合はかえって筋肉の量が減ってしまうばかりか、けがをする可能性すらあります。

一方で、たんぱく質はアスリートだけでなく、全ての人にとって欠かせない栄養素です。長きに渡りアスリート向けのプロテインを販売してきた明治グループは今、誰もが手軽にたんぱく質を摂取できる商品の開発・提供に力を入れています。

たんぱく質は体内でどのように働くのか。健康的な日々の食生活において、たんぱく質はなぜ重要なのかー。明治グループは長年の研究によってこれらの疑問を解き明かし、その知見を商品にいかしています。

適切なたんぱく質の摂取は全ての人の健康に欠かせません。

体にたんぱく質が必要な理由

たんぱく質はなぜ体に必要なのでしょうか?たんぱく質は、重さで換算すると標準的な人の場合で体重の約6分の1を占めています。体を構成する主要な要素の1つで、筋肉や骨、髪、皮膚、臓器など、あらゆる細胞に存在する必須栄養素なのです。また、筋肉や臓器が正常に働くために必要なホルモンや酵素も、たんぱく質で作られています。

このことからも分かるように、健康な体を維持し、本来の機能を保つにはたんぱく質が欠かせません。年齢や性別、体力に関係なく、誰もが適切な量を摂取することが求められます。

特にダイエットをしている人や高齢者は、厚生労働省が示している「推奨量」を上回るたんぱく質を摂るよう意識する必要があります。健康や美容のためにダイエットをするとき、食事のバランスはとても大切です。

また、高齢者にとっても、たんぱく質の摂取は健康を維持するための重要なポイントのひとつです。食が細くなりがちな高齢者にとっては、たんぱく質を意識して摂取することが、活動的な日々を生き生きと過ごすための秘訣ひけつになるのです。

しかし近年、日本人のたんぱく質摂取量は1950年代と同水準にまで落ちこんでいます。過度なダイエットなどによる摂取不足や、野菜に偏重した食生活の意識が原因と考えられています。

図:グラフ
日本人の1人1日当たりの平均たんぱく質摂取量(g/日)

たんぱく質摂取をおいしく、手軽に

明治グループはどなたでもおいしく食べながら、たんぱく質を摂取できることを目指し、「TANPACT」を開発・発売しました。「TANPACT」は、ヨーグルト、チョコレート、スープ、アイスクリームなどに、乳由来のたんぱく質を加えたものです。

写真:「TANPACT(タンパクト)」商品パッケージ
「TANPACT(タンパクト)」

「TANPACT」に使用される“乳たんぱく質”は、牛乳などに含まれるたんぱく質で、体にゆっくりと吸収されるカゼインと、体への吸収が早いホエイたんぱく質が組み合わさったものです。普段の食生活の中で健康に適した量のたんぱく質を摂取したいと考えている人には良い選択肢となります。

明治グループは約70年前から、長年たんぱく質の研究を続けてきました。その知見や技術により、さまざまなたんぱく質をいかした幅広いラインアップの商品を取り揃えています。

これからも明治グループでは、たんぱく質をおいしく手軽にとれる商品の開発と提供に取り組み、また、たんぱく質摂取の大切さやたんぱく質の役割を伝えていきます。こうした活動を通じて健康な社会づくりへの貢献をめざします。