貢献するSDGs

人権の尊重

目標

新入社員研修および管理職昇格者研修受講者への人権研修受講率100%

(明治ホールディングス(株)、(株)明治、Meiji Seika ファルマ(株)単体)

人権尊重の啓発活動

基本的人権の尊重および差別の禁止、強制労働および児童労働の禁止、ハラスメントの禁止、安全衛生への配慮、従業員の基本的な権利の尊重など、「明治グループ人権方針」に基づく啓発活動に取り組んでいきます。

具体的なアプローチ

① 社内研修

日本国内においては、明治ホールディングス(株)、(株)明治、Meiji Seika ファルマ(株)の新入社員、管理職昇格者を対象に、また国内グループ会社においては従業員を対象にCSR全般と「明治グループ人権方針」に基づく人権の社内研修を行っています。
海外グループ会社においても、人権尊重の社内啓発活動を行っていきます。

人権研修実績

(人)

2016年度 2017年度
新入社員 211 237 448
管理職昇格者 164 194 358
375 431 806

国内グループ会社従業員向け人権研修(2017年度)
人数:520人

人権デューディリジェンスの取り組み

原料原産地などでの差別や搾取、強制労働や児童労働、安全の確保されない労働環境など事業活動において生じる可能性がある人権の負の影響に対して、事前調査・課題の洗い出しによる発生の防止または軽減対策に取り組むとともに、人権に関わる事象が発生した場合は、適切な手段により改善に努めていきます。

主要原材料の調達において、人権デューディリジェンスに取り組んでいます。

ステークホルダーとの対話

ステークホルダーとのコミュニケーションの充実

明治グループが重要と考えているステークホルダー(「お客さま」「従業員」「取引先」「株主・投資家」「地球環境」「社会」)の皆さまと、あらゆる機会、媒体等を通じて円滑なコミュニケーションを図ることで、皆さまからの期待に応えるとともに、社会への責務を果たしていきます。

具体的なアプローチ

① 株主・投資家の皆さまとのコミュニケーション

株主・投資家の皆さまに明治グループの方向性や戦略をよりご理解いただけるよう、説明会やIRイベント、IRサイトの充実を図っています。

② 社外有識者との対談

社外有識者の方とのダイアログを実施し、いただいたご意見・ご要望を踏まえ、ビジョンの策定、次年度計画や課題対策に反映しています。

③ 地域の皆さまとの環境コミュニケーション

各工場では、近隣地域の皆さまや自治体の方々、小・中学生に対し、事業の環境への取り組みを説明する環境報告会・勉強会を実施しています。水質・大気の環境汚染対策やCO2削減への取り組みの紹介のほか、皆さまの貴重なご意見をいただき、今後の活動にいかしていきます。

④ 参画している主な業界団体・環境関連団体

明治グループは様々な業界団体・環境関連団体に参画し、連携しながら取り組みの向上に努めています。

主な連携業界団体・環境関連団体

2018年3月31日時点

団体名 役割
食品 一般社団法人 Jミルク 理事
一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会 副会長
一般社団法人日本アイスクリーム協会 副会長
一般社団法人日本乳業協会 副会長
全国牛乳容器環境協議会 副会長
全日本菓子協会 会長
日本介護食品協議会 副会長
日本チョコレート・ココア協会 副会長
医薬品 日本製薬工業協会 理事
日本製薬団体連合 理事

お客さまとのコミュニケーション

お客さま一人一人の声に耳を傾け、「迅速」「誠実」「公平」「適切」に応対することにより、お客さまとのより良いコミュニケーションの確立を目指しています。そして、お客さまの声を社内へ共有し、製品・サービスの開発・改善に反映させることにより、お客さまの満足度と信頼を得られるように努めます。

具体的なアプローチ

① お客様相談センター

お客さまからいただいた声は、お客様相談センターが独自のシステムに入力し整理・分析していきます。お客さまが安心して商品をご利用いただけるよう、丁寧な応対と情報提供に努めています。また関係各部と情報を共有し、よりご満足いただけるよう商品・サービスの開発や改善につなげています。

お客様相談センターへのお問い合わせ内容の内訳(2017年度)

お客様応対満足度調査(2017年度実績)

方法
:郵送によるアンケート
実施時期
:2017年6月、11月中旬~12月中旬
回収数
:798人
回答率
:52.3%
トピックス

「明治ピッツァ&ピッツァ2枚入り」の裏面表示を改善しました!

<お客さまの声>
外袋裏面の「お召し上がり方」の表示がわかりにくい

  1. 「 『凍ったままの「ピッツァ」を内袋から出して・・・』とあるが、内袋が透明袋のことと気が付かずに内袋のままでレンジにかけそうになった。」
  2. 「注意!の表示が、すべて赤字で読むのが大変だ。何に注意したらよいかポイントが分からない。」

<改善後>

  1. 表現を見直しました。「内袋」の表記を「透明な袋」に変更。レンジ画像の吹き出しも「ラップをかけずに」から「透明な袋から出して、ラップをかけずに」に変更。
  2. 注意!の表示では、特にご注意いただきたいところを赤字にしました。
関連サイト
② 適正でわかりやすい表示

製品や景品などの販促物の表示に関して法規を順守するとともに、お客さまに誤解を与えない、わかりやすい表示を心掛けています。
表示に関するチェックは複数人で何段階も行い、情報が間違いなく適切であることを確認しています。

③ 赤ちゃん相談室

赤ちゃん相談室では、管理栄養士・栄養士が赤ちゃんとお母さまの栄養や育児の相談をお受けしています。ご家族と育児に携わる方々からのご相談に対し、豊富な情報と経験をいかし、一つ一つ丁寧にお応えしていきます。

赤ちゃん相談室へのお問い合わせ内容の内訳(2017年度)

関連サイト
④ くすり相談室

くすり相談室に寄せられた声は、情報データベースを活用し、整理・分析しています。お客さまの貴重なご意見は真摯に受け止め、社内関連部署と共有し、より良い製品づくりにつなげています。

医療用医薬品のお問い合わせ内容の内訳(2017年度)

トピックス
製品のアルミシート仕様を変更しました!

<変更内容>

  • アルミシートの両端をVノッチ(切込み)加工しました。
  • アルミシートを従来品より広く剥がせるように接着の仕様を変更しました。

患者さんの声も踏まえて、利便性の向上を目的にアルミシートの仕様を変更しました。
今後もお客さまの満足度向上につなげられる製品をお届けします。

⑤ 適切な情報提供への取り組み

明治グループは、広告・宣伝活動においては、法令および企業倫理を順守し、虚偽・誇大などにならないよう、公正な内容・表現を基本とし、情報を提供していきます。
また、消費者志向宣言に基づき、活動報告を行っていきます。

社会貢献活動の推進

社会貢献活動の推進

被災地支援や地域活動、また製品を通じた社会貢献活動に積極的に取り組み、豊かな社会づくりに貢献します。

具体的なアプローチ

① 各国・地域や各事業拠点における社会貢献活動の実施

各地域における社会貢献活動では、1953年から各地方新聞社が、子どもたちへのクリスマスプレゼントとして開催してきた「クリスマスこども大会」への協賛や、子どもたちにもっと笑顔になってほしいという願いから日本環境教育フォーラムと共同で自然体験プログラム「きのこたけのこ里山学校」を2009年より実施しています。
各事業拠点においては、事業所周辺や周辺河川の清掃を実施しています。また自治体主催の環境美化活動や行事に参加したり、自治体からの要請による職業体験の受け入れなどにも対応しています。

実績

Meiji Seika ファルマ(株) 各事業所の活動

  • 小田原工場:酒匂川清掃、酒匂川水系保全協議会 アユ放流体験
  • 岐阜工場:北方町協賛美化運動
  • バイオサイエンス研究所、CMC研究所:酒匂川清掃
  • 都輸送(株):酒匂川清掃
関連サイト
② 被災地、発展途上国における支援活動

東日本大震災、熊本地震などの被災地復興支援を目的にNPO法人などと協力しながら取り組みを行っています。

実績
  • 被災地への義援金の寄付
    1. 2011年3月 東日本大震災
    2. 2016年4月 平成28年熊本地震
    3. 2018年7月 平成30年7月豪雨
  • 被災地ボランティア
    1. 2017年11月 熊本県益城町 仮設住宅付近での草刈、被災家屋での家財移動
    2. 2018年3月 岩手県盛岡市 震災追悼イベントの準備・片づけ
  • 食育による被災地支援(2017年度)
  • 企業マルシェの実施
    2018年1月 熊本や東北のさまざまな物産品の販売
③ 製品を通じた社会貢献活動

母乳や市販の粉ミルクが飲めない赤ちゃんのための特殊ミルクの製造・安定供給や、希少疾病用医薬品の開発・製造を通じて、社会へ貢献していきます。

トピックス
■希少疾病用医薬品(ドラベ症候群治療薬ディアコミット)

ドラベ症候群は、発症頻度が4万人に1人と推定され、乳児期に発症する難治性のてんかん症候群です。経過中の致死率が高く、けいれん発作による身体および精神の発達遅延も見られることから、患者さんやそのご家族に深刻な影響を及ぼす重篤な疾患で、有効な治療薬がなかった。そうした中で2012年にMeiji Seikaファルマ(株)はドラベ(Dravet)症候群治療薬「ディアコミットRドライシロップ」「ディアコミットRカプセル」を発売しました。小児てんかん診療に関わる医療従事者に対し、有効性・安全性情報を正確かつ迅速に提供することに日々努めています。

④ UNHCRなどとの連携による支援活動

UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所)など各種団体と連携し、支援活動に取り組みます。

⑤ 株主優待品の寄贈

明治ホールディングス(株)の株主優待制度は、「寄贈選択制度」を設けており、株主の皆さまのご意志により、優待品の送付に代えてその同等品を福祉団体などへ寄贈しています。併せて明治ホールディングス(株)からも寄贈いただいた同等相当分を併せて寄贈しており、2017年度は熊本地震および東日本大震災の被災地の方々や、全国の障がいのある児童の支援団体など合計250団体へ認定特定非営利活動法人日本NPOセンターを通じてチョコレートやビスケットなど明治グループ製品を寄贈しました。

閉じる

カカオ調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに人権や環境など、社会的責任に配慮したカカオの調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

消費者向け製品および業務用製品の製造に使用するカカオ

行動指針

  1. カカオ生産国・地域における法令を遵守し、適切な手続きがされているカカオを調達します。
  2. 明治グループ独自の生産支援プログラム「メイジ・カカオ・サポート」の取り組みやWCF(World Cocoa Foundation)との協働を通じて、持続可能なカカオ調達に取り組んでいきます。
    1. (1)人権を尊重した適切な労働環境の確保(児童労働・強制労働の監視など)に努めていきます。
    2. (2)カカオ生産地域における生態系および天然林を含む環境上重要な地域の保全に努めていきます。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. カカオ調達における取り組みについて、毎年報告します。
閉じる

パーム油調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに社会的責任に配慮したパーム油の調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

消費者向け製品および業務用製品の製造で使用する購入パーム油

行動指針

  1. 認証パーム油(RSPO、ISPO、MSPOなど)を優先して使用します。
  2. 認証以外のパーム油を使用する場合は、自社もしくは第三者との協働により、以下(1)~(4)に該当し、持続可能な形で生産されていると認められるものを使用します。
    1. (1)パーム油生産国または地域における法令を遵守し、適切な手続きがされているもの。
    2. (2)人権を尊重した適切な労働環境が確保されているもの(児童労働・強制労働の監視など)。
    3. (3)先住民族等の土地に関する権利が尊重されているもの。
    4. (4)原産地における生態系および泥炭地や天然林を含む環境上重要な地域が適切に保全されているもの。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. パーム油の使用実態の把握と認証パーム油への代替について、毎年報告します。
閉じる

紙調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに社会的責任に配慮した紙の調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

  • 明治グループ製品の包装資材
  • 会社案内、製品パンフレットなどの発行物およびコピー用紙などの事務用品

行動指針

  1. 環境に配慮したFSC®※1、PEFC※2などの森林認証紙、または再生紙を優先して使用します。
  2. 認証紙・再生紙以外の紙については、自社もしくは第三者との協働により、以下(1)~(4)の項目に該当したものを使用します。
    1. (1)原料となる全ての木材は、法令等を遵守して適切な手続がされているもの。
    2. (2)伐採・採取に従事する労働者において、人権を尊重した適切な労働環境が確保されているもの。
    3. (3)伐採・採取にあたって、先住民族等の土地に関する権利が尊重されているもの。
    4. (4)原産地における生態系、泥炭地や天然林を含む環境上重要な地域が適切に保全されているもの。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. 環境に配慮した紙の使用実態の把握と取り組み状況について、毎年報告します。
  1. ※1 FSC®(Forest Stewardship Council®
  2. ※2 PEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)