明治乳業株式会社 子会社 明治油脂株式会社
マーガリン新工場建設のお知らせ

2009/09/01

当社は、マーガリン生産体制の強化に関して、事業子会社である明治乳業株式会社においてその生産子会社である明治油脂株式会社が、下記概要にて新工場の建設を予定していますのでお知らせいたします。

1.家庭用マーガリン市場と当社の家庭用マーガリン事業に関して

家庭用マーガリン市場は、近年、脂肪の摂取を控える消費行動などの影響を受け、規模の縮小が続いていました。しかし、07年以降はバター不足による代替需要の拡大や内食化などによりその傾向に歯止めが掛かっております。

また市場の占有状況をみると、明治乳業を含む上位3社のシェアの合計が市場全体の7割を越すという寡占状態です。

一方、明治乳業の家庭用マーガリン事業は、1983年に原料油脂にコーン油を使用したレギュラータイプマーガリン「明治コーンソフト(現在名)」を発売、以降この商品の販売、育成を柱として事業を拡大させて参りました。96年にはお客様の商品の使い易さを訴求した「明治チューブでバター1/3」を発売、また、健康志向を反映した「明治キャノーラソフトカロリー1/2 (ハーフ)」や「明治べに花ソフトカロリー1/2(ハーフ)」などの商品も展開しています。

2.明治油脂(株)新工場の建設について

現在、明治乳業はこうした事業活動を経て、家庭用マーガリン市場において、相応の評価を頂いておりますが、今後は市場の動向を見据えながら、グループとして更に事業を強化し、市場をリードしていきたいと考えています。

今般、こうした方針を背景とし、マーガリン事業の生産体制を強化すべく、大阪府枚方(ひらかた)市に新しい工場を建設することとしました。(建設予定地は、現在の明治乳業 子会社 大阪保証牛乳(株)の所在地)

新工場では、これまで培ってきた技術やノウハウを活かし生産性の向上を図っていくと共に、多様化するお客様のニーズを捉えた付加価値の高い商品の生産にも積極的に挑戦して参ります。

尚、新工場の立ち上げ後、明治油脂(株)の現在の尼崎工場は閉鎖する予定です。

3.明治油脂(株)新工場概要

(1)新工場予定地

大阪府枚方市出屋敷西町1-30-1(現在の大阪保証牛乳(株)所在地)

(2)延べ床面積

9,400m²(3階建て)

(3)新工場コンセプト

競争力強化に向け、高い生産性とともに高付加価値商品を生産できる工場

(4)投資額(建物及び設備等)

約47億円

(5)今後のスケジュール

大阪保証牛乳(株)事業中止 2010年 3月末
新会社設立 2010年 4月1日
油脂生産工場建設開始予定   2010年10月
新工場完成予定 2011年12月
新工場生産開始予定 2012年 1月

【参考】
~明治乳業 子会社 大阪保証牛乳(株)の事業中止及び該社と明治油脂(株)の合併について~

新工場建設予定地では、現在明治乳業 子会社 大阪保証牛乳(株)が牛乳・清涼飲料などの製造・販売をしております。該社は、ここ数年売上高が伸び悩み、工場そのものが著しく老朽化したことから2010年3月末をもって事業を中止致します。そして、同年4月に明治油脂(株)と合併し、マーガリン類を生産する会社となります。

以上