RECRUTING SITE

menu
  • ホーム ホーム
  • もっと、しよう。 もっと、しよう。
  • 明治グループについて 明治グループについて
  • 人と仕事 人と仕事
  • 生産技術エンジニアリング特集 【明治】生産技術エンジニアリング特集
  • M R特集 【Meiji Seika ファルマ】M R特集
  • キャリアと環境 キャリアと環境
  • 採用情報 採用情報
  • ENTRY

徳納 佑一

学生時代は機械工学を専攻していた私。ものづくりをするからには、
やはり一つの製品を最初から最後まで自分が関わって形にしたい。
そんな思いをかなえられる場が、明治のエンジニアリング部門だった。
入社してからこれまで、私はさまざまな生産設備の工事に携わってきた。
愛知の新工場建設プロジェクトにも参加し、そこでは製造装置のみならず、
工場の建物そのものの企画設計も経験。また、当社にとって初の取り組みとなる
新たな省エネルギーシステムの導入も自ら立案して実現した。
明治は、現場の技術者の発想や意欲を尊重してくれて、たとえ若手でも
価値のある提案だと認められれば、どんどんものづくりに投資してくれる会社だ。
現在は、本社のエンジニアリング部に籍を置き、
国内の工場の生産ラインの新設や改良のための設計に力をふるっている。
先日も、粘度が高く生産ラインに乗せるのが難しい新商品のヨーグルトをいかにしてトラブルなく製造するか、
そのプロセスに、工場・研究所・本社各部で懸命に知恵を絞ってラインを構築した。
自分次第で、やりたいことは何でもできる。これからはエンジニアリングの枠を超えて
全体を俯瞰できる眼を養い、明治のものづくりをいっそう進化させていきたい。

※所属・内容は取材当時