バレンタイン時期に合わせた2021年2月9日~13日の期間に、全国フードバンク推進協議会に加盟する36団体にメルティキッスアソート約2万袋を寄贈しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大が続き、外出を自粛しているお子さまも多い中、困窮したご家庭が以前より増えており、フードバンクへの支援ニーズは増加しています。このような状況下で少しでもお子さまやそのご家族の皆さまに笑顔になっていただきたいという思いから、バレンタインの時期にあわせてチョコレートを寄贈することにしました。明治ホールディングスは、コロナ禍で支援ニーズが急増しているフードバンク団体に、緊急事態宣言下の2020年4月からコロナ支援策として明治商品の寄贈を行っています。今回は2020年12月に続き4回目の実施となり、今年度は累計で約32万個の商品を寄贈しました。
コロナ禍で暗くなりがちな今の世の中ですが、人々が少しでも笑顔で健康な毎日を過ごせるよう、今後もこういった活動を行っていきます。