1.情報開示の基本姿勢

当社は、明治グループの企業行動憲章に掲げた「適時・適切な情報開示」の精神に基づき、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまと円滑なコミュニケーションを図り、透明性・公平性・継続性に配慮した迅速かつ積極的な情報提供に努めます。これにより、ステークホルダーの皆さまの当社に対する理解と信頼、および適切な評価を得ることを目指します。

2.情報開示の基準

金融商品取引法などの関係法令および当社が上場する証券取引所の定める適時開示に関する諸規則(以下、「適時開示規則」といいます。)に則って、情報開示を行います。

関係法令および適時開示規則において開示が求められる情報以外の情報であっても、株主・投資家の皆さまの投資判断に実質的な影響を及ぼすと考えられるものや、当社への理解を深めていただく上で有用と思われるものについては、積極的な開示に努めます。

3.情報開示の方法

関係法令および適時開示規則において開示が求められる情報は、それぞれ適式な方法で開示します。なお、当社の適時開示の体制については、当社のコーポレート・ガバナンス報告書に添付の「当社の適時開示の体制(模式図)」をご参照ください。また、開示した情報は、情報開示の適時性・公平性に配慮し、速やかに当社ホームページに掲載します。

関係法令および適時開示規則において開示が求められる情報以外の情報は、ニュースリリースの配信や記者会見・説明会の実施、当社ホームページへの資料掲載など、適宜適切な方法により開示します。

当社ホームページには、当社が開示している情報がすべて掲載されているとは限りません。掲載準備の都合上、当社ホームページへの掲載時期が遅れることがあります。また、当社ホームページの内容は、予告なしに変更・廃止される場合があります。あらかじめご承知おきください。

4.将来の見通しなどに関する情報

当社が開示する情報のうち、将来の見通しや戦略など、過去の事実でないものは、開示時点で当社が合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社がその妥当性・正確性を保証するものではありません。実際の業績などは、経済情勢や市場環境の変化などのさまざまな要素により、当該見通しなどとは大きく異なる結果となり得ることをご承知おきください。なお、詳しくは当社ホームページ上の「事業等のリスク」をご参照ください。

5.沈黙期間

当社は、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算期日の翌日から各四半期決算発表日までの期間を「沈黙期間」に設定しております。この期間は、決算に関する質問への回答や取材への対応を控えることとさせていただいております。
ただし、沈黙期間中に従来の業績予想から大きく乖離する可能性が明らかになった場合には、適時開示規則に従い適宜適正に開示します。

6.第三者への公平な情報開示と第三者が発信する当社関連情報への対応

当社は、投資家の皆さまやアナリストなどとの関係では、投資判断に影響を及ぼす重要な情報について、選別開示することなく公平な開示を行うとともに、ミーティングにおいては、既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境などの情報に限り言及します。また、第三者が発信する当社の評価や業績予想などを含む各種情報については、当社はコメントなどをする立場にありません。

7.開示情報の利用に関する免責事項

当社が開示する情報は、当社に対する理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身の判断において行われるようお願いします。万一これら情報の利用者が何らかの損害を被ったとしても、当社および当社の情報提供者は一切責任を負いません。