パイプライン

パイプラインは医薬品の開発状況を示しているものであり、医薬品の宣伝や広告を目的とするものではありません。

医療用医薬品

2023.2.9時点

開発コード
(一般名)
薬効/作用 予定適応症 開発段階 備考
KD2-305 血漿分画製剤 血液凝固第Ⅷ因子又は第Ⅸ因子に対するインヒビターを保有する患者の出血傾向の抑制 承認 自社創製
KD-370 ワクチン 百日せき菌、ジフテリア菌、破傷風菌、ポリオウイルス、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型による感染症の予防 申請中  
KD-414 ワクチン 新型コロナウイルス感染症の予防(成人) Phase Ⅰ/Ⅱ
Phase Ⅱ/Ⅲ
Phase Ⅲ(成人40歳以下)*
*国際共同治験
KD-414 ワクチン 新型コロナウイルス感染症の予防(小児) Phase Ⅱ/Ⅲ
Phase Ⅲ
 
ME3208
(ベルモスジル)
ROCK2阻害剤 ステロイド依存性/抵抗性慢性移植片対宿主病(cGVHD) Phase Ⅲ 自社開発(ロメック・ファーマ合同会社)
DMB-3115 バイオ後続品 尋常性乾癬/関節症性乾癬/クローン病 /潰瘍性大腸炎 Phase Ⅲ(海外) 共同開発:東亞ST株式会社(韓国)
導出先:Intas Pharmaceuticals Ltd.(インド)
ME3183 PDE4阻害剤 尋常性乾癬 Phase Ⅱ(海外) 自社創製
HBI-8000
(ツシジノスタット)
ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤 再発・難治性B細胞性非ホジキンリンパ腫 Phase Ⅰb/Ⅱ 導入元:HUYABIO International社(米国)
KD-404 ワクチン インフルエンザの予防 Phase Ⅰ/Ⅱ 協力:北海道大学
OP0595
(ナキュバクタム)
β-ラクタマーゼ阻害薬 カルバペネム系抗菌薬に耐性を示す菌株による各種感染症 Phase Ⅰ 自社創製
DMB-3111 バイオ後続品 乳がん / 胃がん Phase Ⅰ 共同開発:Dong-A Socio Holdings株式会社(韓国)
DMB-3115 バイオ後続品 尋常性乾癬/関節症性乾癬/クローン病 /潰瘍性大腸炎 Phase Ⅰ 共同開発:Dong-A Socio Holdings株式会社(韓国)
KD-382 ワクチン デング熱の予防 Phase Ⅰ(海外)  
KD2-396 ワクチン 百日せき菌、ジフテリア菌、破傷風菌、ポリオウイルス、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型、B型肝炎ウイルスによる感染症の予防 Phase Ⅰ  

動物用医薬品

開発コード 薬効/作用 開発段階 備考
ME4137 抗菌性注射剤(牛) 申請中  
ME4137 抗菌性注射剤(豚) 申請中  
ME4406 飼料添加物 開発中 自社創製
ME4305 抗菌性製剤(牛) 開発中 自社創製
KD-412 ワクチン(牛) 申請中 自社創製
MD-22-1001-1 抗菌性注射剤(牛) 開発中  
MD-22-3002 抗炎症剤(牛、豚、馬) 開発中  

臨床試験情報の開示

当社は、臨床試験の情報とデータの透明性の向上に取り組んでいます。なお、jRCT(日本)、ClinicalTrials.gov(米国)、EU臨床試験登録(欧州)、ICTRP(WHO)に公開している当社が実施する臨床試験の情報は、情報の開示を目的としたものであり、製品を広告・販売促進することを目的としているものではありません。

臨床試験情報の開示

治験は、適用される規制に沿って無料で一般に公開されている治験登録簿に開示されています。

臨床試験レジストリポータルへのリンク