貢献するSDGs

生物多様性に関する目標

サステナビリティ活動KPI(2021年度から) 実績 達成目標
2021年度 2023年度
生産拠点における生物多様性保全活動実施【明治G連結】 61.9 % 100%

生物多様性に対する考え方

経済活動に伴い、森林伐採による生息地の破壊、環境汚染など生息環境の劣化などが原因で生物多様性の損失が急速に進行し危機的状況にあります。明治グループの事業は、生乳、カカオや乳酸菌、抗生物質に代表される微生物などの、豊かな自然の恵みの上に成り立っているため、生物多様性の損失は重大な社会課題であると認識しています。豊かな自然の恵みを将来にわたって享受できるよう、原材料調達から廃棄に至るサプライチェーン全体を通じた事業活動において、生物多様性への影響を把握し、その保全・再生に向けた取り組みを推進します。さらに、関連する条約や法令を遵守し自然と共生する社会の実現に貢献します。

地域生態系の保護

生物多様性保全活動ポリシー

明治グループは、2020年10月に「明治グループ生物多様性保全活動ポリシー」を制定しました。生物多様性の損失が進む中、原材料調達から廃棄に至るサプライチェーン全体を通じ、自然と共生する社会の実現へ貢献していきます。

事業活動と生物多様性との関係性

明治グループは、食・薬の事業を通じて多岐にわたる生物資源や生態系に深く関わり、原材料の調達から廃棄に至るサプライチェーン全体において生物多様性に負荷をかけています。このことを認識した上で、生物多様性に配慮した活動や負荷低減、生物資源の有効利用、従業員の理解促進などに取り組んでいます 。

  • 赤色:生物多様性に関わる事業活動(サプライチェーン)
  • 茶色:生物多様性への負荷
  • 緑色:生物多様性保全につながる活動

主な生物多様性の保全活動

本業を通じた活動 アグロフォレストリーミルクチョコレートの取り組み
明治グループ所有地およびその周辺における活動 「明治グループ自然保全区 くまもと こもれびの森」における活動
国内の生産拠点における活動
海外の生産拠点における活動
自治体やNPOとの協働による活動 明治自然環境保全区(根室市)における活動
自治体との協働による活動

本業を通じた活動

「森をつくる農業」アグロフォレストリーの取り組み

明治グループ所有地およびその周辺における活動

明治グループ所有地における生物多様性リスク評価

明治グループの事業活動によって生物多様性に影響を与える可能性について、67の自社生産拠点について生物多様性評価ツールであるIBAT※1を用い、生産拠点からおよそ半径10km圏内(総面積210ha)※2を調査対象とし生物多様性の重要エリアの近接状況を調べました。重要エリアとしては、自然保護地域(世界遺産、ラムサール条約湿地、ユネスコMAB、IUCNカテゴリーⅠa・Ⅰb・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ)、生物多様性の保全の鍵になる重要な地域(Key Biodiversity Area(KBA):主にImportant Bird and Biodiversity Area (IBA))、そしてIUCNレッドリストで、野生絶滅の高いリスクに直面している「危急(VU)」の種が1種以上生息する地域を対象としました。
その結果、53サイトで半径10km圏内に重要エリアが存在することが確認されました。

明治グループでは、環境ポリシーを制定し、法令遵守、環境負荷低減、生物多様性の保全に向けた取組みを進めており、2021年度は環境に関する法令違反・罰金はなく近接する生物多様性の重要エリアにおいて、私たちの事業が直接生物多様性を毀損するような事例を確認するには至りませんでした。  

生産拠点における生物多様性重要エリアの近接状況

2022年3月末現在

% 生物多様性の重要エリアである自然保護地域 KBA
(主にIBA)
IUCN
レッドリスト
世界遺産 ラムサール条約湿地 ユネスコ
MAB
IUCN カテゴリー
Ⅰa Ⅰb
国内事業所(43拠点) 0 7.0 2.3 0 0 7.0 0 93.0 46.5 30.2
中国事業所(6拠点) 0 0 0 0 0 0 0 0 16.7 16.7
アジア(日本・中国除く11拠点) 0 0 0 0 9.1 0 0 0 54.5 54.5
北米・欧州(4拠点) 0 25.0 0 25.0 0 0 0 25.0 75.0 25.0
全事業所合計(64拠点) 0 6.3 1.6 1.6 1.6 4.7 0 64.1 46.9 32.8
  • ※1:IBAT (Integrated Biodiversity Assessment Tool ) 生物多様性リスク測定ツール
    IBAT Alliance (国連環境計画(UNEP)、世界自然保全モニタリングセンター(WCMC)、コンサーベーション・インターナショナル(CI)、バードライフ・インターナショナル)が開発した自然保護に関する最新の基礎データにアクセスできるアセスメントツール。
  • ※2:生産拠点での事業活動が生物多様性に直接的に影響を与える範囲ではないが、環境事故等における生物多様性の毀損を踏まえ半径10km圏内を対象範囲とした。

「明治グループ自然保全区 くまもと こもれびの森」での活動

KMバイオロジクス(株)の菊池研究所にある「明治グループ自然保全区 くまもと こもれびの森」(以下「くまもと こもれびの森」)(約7ha)において、2020年1月から7月まで自然環境調査を実施し、その結果、「くまもと こもれびの森」はスギ、ヒノキ、クヌギ、コナラなどからなる二次的な樹林であり、そこでは里山的な自然環境が保たれている箇所や、国や県のレッドリストに掲載のあるキンランやギンランの群生、フクロウ、テン、ヤマアカガエル、ヤマトタマムシなど希少な野生動植物種が確認できました。四季を通してさまざまな渡り鳥も観察できるなど、豊かな生態系が保たれており、地域の緑の回廊としての重要なビオトープであることも分かりました。
今後は一部の荒れた植林地の回復を図る事で生物多様性の保全に努め、従業員とその家族、地域住民を対象とした自然観察会や生物多様性保全活動を実施するとともに、従業員への生物多様性の理解促進と地域生態系の課題解決につなげていきたいと考えています。

「くまもと こもれびの森」の構成

Aゾーン Bゾーン
  1. まとまった面積を有する(約5ha)
  2. 二次林(常緑樹や落葉樹)と人工林(スギ・ヒノキ)で構成
  3. 林床はササ類等に覆われ、立ち入りづらい
  1. 主に落葉樹で構成
  2. 定期的な除草管理が行われ、林内が明るい、歩きやすい
  3. 落ち葉が厚く、ドングリのなる樹木も多い
Cゾーン 水路
  1. 二次林(常緑樹や落葉樹)と人工林(スギ・ヒノキ)がモザイク状に入り混じる
  2. 一部除草管理が行われている
  3. 地形が複雑(車道側は急傾斜)
  1. A・Bゾーンの境界部を東から西に流下、コンクリート三面張りが主体だが、中心付近は自然河岸
  2. 動物の水飲み場や産卵場となる可能性あり

「くまもと こもれびの森」の調査で確認された野生動物

<確認されたシンボル種>

上位性
  1. 生態系を形成する生物群集において栄養段階の上位に位置
  2. 生態系のかく乱や環境変動の影響を受けやすい
フクロウ
※希少性のある種にも該当
テン
希少性
  1. 環境省や熊本県のレッドリストに掲載されている種
  2. 生息・生育地の減少等によって絶滅の危機に瀕していたり、環境の変化に弱い種等が含まれる
キンラン
ギンラン
ヤマトタマムシ
ヤマアカガエル
典型性
  1. 対象地域の生態系の中で生物間の相互作用や生態系の機能に重要な役割を担うような種
  2. 生物の多様性や生態遷移を特徴づける種・群集
コゲラ
カブトムシ
ノコギリクワガタ

「くまもと こもれびの森」の生物多様性保全活動

2021年7月、KMバイオロジクス(株)社員とそのご家族(10組27名)が参加して、生物多様性保全プログラム(座学、昆虫観察会、同森に群生する竹を使った竹細工)を実施しました。この活動を継続的に実施し、地域生態系における「くまもと こもれびの森」の役割や生物多様性保全の重要性の理解を深め、明治グループ従業員全体の環境意識向上につなげていきます。

<生物多様性保全活動実施状況>

緑の認定SEGES「そだてる緑」においての認定を取得

「くまもと こもれびの森」は、自然環境調査によって判明した緑地としての価値や、地域社会との関連性、そして緑地保全の管理体制に関して、公益財団法人 都市緑化機構に高く評価され、2021年8月5日に緑の認定SEGES(シージェス)「そだてる緑」部門の「Excellent Stage2」に認定されました。SEGESとは、企業が所有・管理する緑地の価値や、そこでの取り組みが社会や環境に貢献しているかを客観的に評価・認定する制度です。

国内の生産拠点における活動

グループ会社を含めた生産拠点(47事業所)において、生物多様性保全活動を推進しています。
※昨年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、活動を中止したり、参加していた自治体の活動が中止されたりして実施率が低くなっています。 活動実績は19年度実績を掲載しています。

(株)明治

ホームページにてご紹介しています。

Meiji Seika ファルマ(株)

小田原工場 おだわらSDGsパートナー制度(クリーンさかわ)
岐阜工場 北方町協賛美化活動
足柄研究所 酒匂川美化清掃
大蔵製薬(株) 宇治市 環境美化ボランティア活動

KMバイオロジクス(株)

菊池研究所 川と海のクリーン活動(菊池川)、「くまもと こもれびの森」生物多様性保全活動
阿蘇事業所 阿蘇の野焼き

海外の生産拠点における活動

グループ会社の生産拠点(20事業所)に おいて、生物多様性保全活動を推進しています。
P.T.メイジ・インドネシアでは、パスルアン地域周辺の山地の傾斜地にある貯水池地域で、植樹を行っています 。

自治体やNPOとの協働による活動

明治自然環境保全区(根室市)における活動

(株)明治では、2007年から2019年まで北海道根室市に所有していた社有地467haを自然環境保全区として、公益財団法人日本野鳥の会と連携しながら野鳥の保護や生物多様性保全活動を行ってきました。この活動により、絶滅危惧種であるタンチョウやオジロワシなどの生息数が保たれていることが確認できました。また年2回、従業員ボランティアによる植樹、森林整備、野鳥観察などを行っており、従業員の環境意識の醸成にもつながっています。この他、2010年からは子どもたちの環境学習を目的とし、日本野鳥の会と協働で地元の子どもと保護者を対象にした自然観察会の開催や、根室市などが主催する野鳥をテーマにしたイベントへの参加も積極的に行ってきました。
2020年近隣工場の閉鎖に伴い、同保全区を根室市に寄贈致しましたが、これまでの活動の意義を尊重し、今後も根室市と締結した協定をもとに地域社会と連携しながら、同地区の生物多様性保全活動を行っていきます。
2021年11月には、根室市が主催する同地区での植樹祭に参加しました。
当日は、保全区の防鹿柵内にカラマツのコンテナ苗(根付きが良好で初期成長が速い)を50本植えるととともに、過去に従業員ボランティアが植樹した苗木の手入れも行いました。

自治体との協働による活動

明治グループでは、生産系事業所や生産系グループ会社を中心に、自治体が実施するさまざまな活動に参加し地域の生物多様性保全を推進しています。(株)明治大阪工場では、地球温暖化防止や生物多様性確保のため、放置された人工林や竹林など荒廃した森林を広葉樹林化する、大阪府の「アドプトフォレスト制度」へ参加しています。
また四国明治(株)では、香川県が実施している「フォレストマッチング制度、協働の森づくり事業」に参加し、2014年7月に香川県、三豊市、三豊市神田財産区管理会と協定を締結しました。三豊市山本町の山林1.1haを「四国明治TeamWanpakuの森」と名付け、竹林の伐採やヤマザクラの植樹等の森づくり活動を行っています。

大阪府のアドプトフォレストに参加
香川県のフォレストマッチングに参加

(株)明治の群馬工場、群馬栄養食工場、群馬医薬・栄養剤工場、栃木明治牛乳(株)では、会津森林管理署南会津支署が実施する「尾瀬大江湿原での鹿柵の設置作業」に参加し、尾瀬の看板ともいえるニッコウキスゲをはじめとする高山植物がニホンジカに食べられる被害を減らし、生物の生息環境や生態系の保全に協力しています 。

尾瀬大江湿原での鹿柵の設置作業