貢献するSDGs

持続可能な調達活動に関する目標

※【】内はKPIの対象範囲

  • ※ 明治:(株)明治
    明治G:明治グループ
サステナビリティ活動KPI(2021年度から) 実績 達成目標
2021年度 2023年度 2026年度
国内グループ会社のサプライヤーを対象にしたサステナブル調達アンケートの実施拡大【明治G連結】 2022年度の実施にむけて検討を開始 2021年度までに開始
海外グループ会社のサプライヤーを対象にしたサステナブル調達アンケートの実施拡大【明治G連結】 46社を対象に開始 2022年度までに開始
サステナブルカカオ豆の調達比率拡大【明治連結】 42% 65%以上 100%
RSPO認証パーム油への代替【明治連結】 84% 100%
環境配慮紙への代替【明治G連結】 98% 100%
酪農家の経営に関する支援活動Meiji Dairy Advisory(MDA)の実施【明治国内連結】 475回/年 400回/年
以上
累計1,423回 累計2150回以上
  • RSPO:Roundtable on Sustainable Palm Oil(持続可能なパーム油のための円卓会議)

人権・環境に配慮した原材料調達

責任あるサプライチェーンの構築

原料調達に対する考え方

近年、企業は「公正かつ自由な競争ならびに適正な取引、責任ある調達を行う」ことが国際的に求められています。その実現には、自社のみならず取引先を含むサプライチェーン全体で社会的責任を果たし、児童労働や強制労働、環境破壊などの社会課題に取り組む必要があります。
明治グループは「明治グループ調達ポリシー」で人権と地球環境に配慮した調達活動を掲げ、取引先とともに責任ある調達の実現を目指し、付随するリスクに対する予防・軽減策の実行に努めています。さらに2020年6月には、取引先に対して社会的責任を果たすことを求める「明治グループサプライヤー行動規範」を策定し、責任あるサプライチェーン構築に向けて取り組んでいます。
また明治グループはザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)のメンバーとして各種ワーキンググループに参加し、人権侵害や環境破壊など社会課題の解決に向けて、協議を重ね改善に取り組んでいます。

明治グループサプライヤー行動規範 問い合わせ窓口
明治ホールディングス株式会社 サステナビリティ推進部

責任あるサプライチェーンの構築に向けた取り組み

昨今、企業は「公正かつ自由な競争ならびに適正な取引、責任ある調達を行う」ことが国際的に求められており、明治グループも自社のみならずサプライチェーン全体において児童労働や強制労働、環境破壊などの社会課題に取り組むことで社会的責任を果たしていきたいと考えています。サプライチェーン全体における人権や環境に配慮した責任ある調達活動の実現に向けて、2020年6月には「明治グループサプライヤー行動規範」を策定しました。本規範は、「明治グループ調達ポリシー」に基づき、法令遵守、公正性・透明性、腐敗防止などを常に意識し、取引先と連携して人権や環境などの社会的責任にも配慮した「持続可能な調達活動」の実現に向けての目指すべき姿について記載しています。また、2020年10月から明治グループの取引先に向け、Ecovadis社の評価システムもしくは明治オリジナル版を活用した「サステナブル調達アンケート」を開始しました。2021年4月には、アンケート分析結果のフィードバックを実施し、今後アンケート実施企業の対象範囲をさらに拡大していく予定です。本アンケートの実施により、サプライチェーン上にある人権や環境に関する課題の有無を把握し、改善が必要な項目がある場合には取引先と連携・対話を進めながら、社会課題の解決とより強固な責任あるサプライチェーンの構築に努めていきます。

アンケート調査項目概要

人権・労働に関する取り組み、安全・健全な職場環境、公正性、環境への配慮、持続可能な調達活動、救済制度の整備と報復行為の禁止などについて質問項目を設定しています。

2020年度の取り組み
2020年6月
  • 明治グループサプライヤー行動規範の策定
  • 取引先※1 563社への行動規範冊子配布
2020年9月~10月
  • サステナブル調達アンケートの実施に向けた、明治グループ調達部門の担当者向け勉強会開催(参加者:31人)
    <勉強会概要>
    取り組みへの理解浸透を図るため、責任あるサプライチェーン構築に向けた明治グループの考え方、調達ポリシー・ガイドライン、サプライヤー行動規範について周知
  • サステナブル調達アンケート実施に向けた、取引先※1 説明会開催(参加企業:74社)
    <説明会概要>
    サプライチェーン上における人権や環境などの課題認識、責任あるサプライチェーン構築に向けた明治グループの考え方、サプライヤー行動規範などについて説明
  • 取引先※1 74社(一次サプライヤー)に対しサステナブル調達アンケートを実施
    <アンケート実施企業内訳>
    • Ecovadis社アンケート回答企業:35社
    • 明治オリジナル版アンケート回答企業:39社
2021年1~3月 アンケート回答内容の分析
  • ※1 (株)明治、Meiji Seika ファルマ(株)、KMバイオロジクス(株)の取引先
2021年度の取り組み

2021年度は、サステナブル調達アンケートの対象を明治グループ各社、(株)明治の委託仕入れ先に拡大するとともに、一次サプライヤーの対象企業を拡大しました。

2021年4月~6月
  • 回答いただいた全ての取引先に対し、アンケート分析結果をフィードバック
  • 取り組みの強化もしくは改善が必要と考えられる取引先には、対応報告書(対応策の検討と対応時期)の提出を依頼
    <対応報告書の提出依頼企業>
    EcoVadis社アンケート 基準点未満の企業:12社
    明治オリジナルアンケート 平均点未満の企業:28社
  • 個別の対話が必要であった取引先2社に関しては、対応策について対話を実施
2021年6月~12月
  • アンケート実施に向けた、明治グループの調達部門および生産部門、マーケティング部門、グループ会社管理部門の担当者向け勉強会開催(参加者:約60人)
  • 下記対象企業に対し、サステナブル調達アンケート実施に向けた説明会を開催
    <アンケート対象企業>
    • 明治グループ:25社(国内拠点:22社、海外拠点:3社)
      (内訳)EcoVadis社アンケート回答:23社、明治オリジナルアンケート回答:2社
    • (株)明治委託仕入れ先企業:46社
      (内訳)EcoVadis社アンケート回答:14社、明治オリジナルアンケート回答:32社
2022年1月~3月
  • アンケート実施に向けた、明治グループ調達部門の担当者向け勉強会開催(参加者:17人)
  • 2021年6~12月実施のアンケート回答内容について分析を実施
  • 一次サプライヤーの対象企業を拡大し31社を選定の上、サステナブル調達アンケート実施に向けた取引先説明会を開催(2022年1月)

カカオの調達

カカオづくりを持続可能に。明治にできることを、もっと。

カカオでつながる、すべてのひとのために。

(株)明治は、世界中のカカオ産地に足を運びます。だからこそ、さまざまな課題があることを知っています。木の高齢化や病虫害、農業資材入手の難しさ、栽培技術の周知不足が収穫減につながり、十分な収入を得ることができない。国や地域によっては、児童労働や森林減少という社会課題にも直面しています。
カカオ生産に携わるものとして、この状況を置き去りにはできません。課題に向き合い、ひとつひとつの改善に取り組む。そして、カカオ生産を持続可能なものにしていく。作るひと、届けるひと、味わうひと。カカオでつながる、すべてのひとを笑顔に。
それが、私たちの使命です。

Action to 2026
明治は、2026年度までにサステナブルカカオ豆の調達比率を100%へ。

(株)明治は、2026年度までに、農家支援を実施した地域で生産されたカカオ豆「サステナブルカカオ豆」の調達比率100%を目指しています。
本目標の達成を通して、森林減少や児童労働、栽培技術の周知不足など、カカオ豆の生産地域や農家が抱える課題を解決し、持続可能なカカオ豆生産の実現に貢献していきます。

サステナブルカカオ豆調達比率
食と健康のプロフェッショナルとして、SDGs(持続可能な開発目標)への貢献を。

人々が健康で安心して暮らせる「持続可能な社会の実現」を目指して。明治は、食と健康のプロフェッショナルとして事業を通じた社会課題の解決に取り組んでいます。カカオ産地に寄り添う支援活動「メイジ・カカオ・サポート」などを通じて、具体的な活動・目標のもとにSDGs達成に貢献していきます。

Action

パーム油の調達

パーム油は熱帯地域で栽培されるアブラヤシから採れる植物油脂で、加工食品の原料などの用途に幅広く使われていますが、パーム油の主要な生産国であるインドネシアやマレーシアでは、農園の乱開発による森林の減少や、泥炭地の破壊など人権や環境にかかわる社会問題を抱えています。「パーム油調達ガイドライン」では、NDPE方針(No Deforestation, No Peat, No Exploitation=森林減少ゼロ、泥炭地開発ゼロ、搾取ゼロ)を支持し、「明治グループ調達ポリシー」に基づいて、取引先とともに社会的責任に配慮したパーム油の調達活動に取り組むことを規定しました。

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
認証パーム油の割合(%) 1 7 21 68 84
  • ※ 国内および海外の明治グループの工場で調達する油脂原料にしめる認証パーム油の割合

認証パーム油の導入推進

明治グループは、2016年にRSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil:持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟し、2022年3月までに国内19工場、海外2工場でRSPOサプライチェーン認証を取得しました。2021年度に調達したパーム油・パーム核油の調達数量の84%は、マスバランス方式によって物理的に認定されたRSPO認証パーム油でした。今後も明治グループの工場の認証取得を推進し、原料サプライヤーの理解と協力を得ながら、RSPO認証パーム油の割合を2023年度までに100%にすることを目指していきます。さらに、製造委託先にも環境影響への理解と協力を求め、RSPO認証の原料を優先して使用していく取り組みを進めていきます。
また、ザ・コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)の日本サステナビリティ・ローカル・グループ(JSLG)にメンバー企業として参加し、パーム油の生産現場の課題や認証制度、企業の取り組みについての情報収集と共有に取り組んでいます。2019年にはパーム油の原産国であるマレーシアの農園を視察しました。

パーム油のトレーサビリティの確認

調達するパーム油の生産地域で、森林減少や泥炭地破壊、搾取などが行われていないことを確認するために、搾油工場までのトレーサビリティの確認に取り組んでいます。2021年下半期(7月~12月)に調達したパーム油の量の75%について上流の搾油工場を確認しました。

紙の調達

自社の製品や各種印刷物などに使用する紙原材料において、「明治グループ調達ポリシー」および「紙調達ガイドライン」に基づき、取引先と協働で人権・環境に配慮した調達活動に取り組んでいきます。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
森林認証紙(FSC, PEFC)および古紙を含む紙原材料の使用率 - 55.3 60.3 77.0 98.4
  • ※1 製品の容器包装用紙が対象。
  • ※2 2020年度までは国内グループ会社が対象(2019年度よりKMバイオロジクス(株)を含む)。2021年度よりグループ全体が対象。

環境に配慮した紙の使用拡大

製品の容器包装や各種印刷物などで、FSC®※やPEFCなどの森林認証を受けた紙など環境配慮紙の使用拡大を進めています。2023年度までにグループ全体で生産する製品の容器包装に使用する紙において、環境に配慮した紙原材料100%使用を目指しており、2021年度内で98%(国内グループ全体では100%)の切替が完了しました。製品の容器包装と同様に、各種印刷物(会社案内、各種報告書)や事務用品(名刺・封筒・紙袋等)・販促資材においても環境配慮紙への切替を推進しています。

  • ※ FSC®(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会):責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする、独立した非営利団体であり、国際的な森林認証制度を運営している。
FSC®認証紙を使用している主な商品と使用拡大に向けての取り組み

「明治おいしい牛乳 900ml」「きのこの山」「たけのこの里」など多くの商品で環境に配慮紙を使用しています。
また、2020年10月には、FSC認証紙の使用拡大に向けてヨーグルトやチョコレートの生産工程におけるFSC®-COC認証(ライセンス番号:FSC®-C159538)を株式会社 明治が取得しました。

FSC認証紙を使用している主な商品
  • ※ COC(Chain of Custody)認証:加工流通過程の管理で、FM(森林管理)認証を受けた森林から産出された木材やその他適切な森林資源の使用につながる原材料を使用した製品を、適切に管理・加工していることを認証する制度
関連サイト

生乳の調達

明治グループは、牛乳生産に関しておいしさの追求はもちろんのこと、環境や牛の健康にも配慮した酪農の在り方を支援することも大切な取り組みの一つと考えています。「明治グループ調達ポリシー」「生乳調達ガイドライン」「明治グループファームアニマルウェルフェアポリシー」に基づき、取引先と協働で人権・環境、アニマルウェルフェアに配慮した調達活動に取り組んでいきます。
また(株)明治はグローバル・デイリー・プラットフォーム(GDP)およびJミルクのメンバーとして持続可能な酪農の推進と乳製品の健康価値の訴求などに取り組んでいます。

生乳調達に関するポリシー・ガイドラインの制定

2019年10月に「生乳調達ガイドライン」を制定、アニマルウェルフェアの指針である「5つの自由」に配慮した飼養管理を掲げました。また2021年9月には明治グループファームアニマルウェルフェアポリシーを制定し、栄養、牛舎の環境と飼養ペース、管理方法といった観点から乳牛に関わるアニマルウェルフェアの向上を推進します。倫理面はもとより、酪農乳業産業の持続可能な発展のために、関係者との協力のもと業界一体となった取り組みを推進していきます。

生乳流通と品質管理

生乳の生産地トレーサビリティ

搬入される生乳は生産地までのトレーサビリティを100%確保しています。(国内および海外のグループ連結子会社実績)

高品質な生乳を安定調達するための取り組み

生産現場

  • 牛の飼育環境や飼料の確認
  • 生産者団体へ生乳の風味に関する勉強会の開催

工場搬入時

  • 風味専門パネラーの育成と搬入時の検査徹底

研究所

  • 品質の維持向上に向けた成分、物性などの理化学分析
  • おいしさの評価ならびに情報発信
  • 検査をより正確かつ迅速に行うための技術開発

Meiji Dairy Advisory(MDA)による酪農経営支援

MDAは、人材マネジメントにフォーカスし、農場の作業改善や経営管理技術の向上を通して酪農に関わる人の成長を支援する活動です。MDAは農場が経営目標を達成し続ける為に、リーン生産方式に基づきカイゼン文化を定着していく仕組みであり、明治スタッフは農場とともに考え、農場スタッフの気づきを通してより良い環境や仕組みを構築する支援をするアドバイザリーという形を採用しています。さらに、カイゼンの進捗に併せて、アドバイザリーは立ち位置を変えていきます。
2021年5月には「酪農家の経営に関する支援活動MDAを年間400回実施、および2023年度までに累計2,150回以上実施」というKPIを掲げました。こういった活動をより一層強化し、持続可能な生乳生産の実現に貢献していきます。

これまでの実績

取り組み実施農場:全国約50農場、酪農家訪問回数 累計1,423回

MDA実施事例
  • 経営者が従業員へ新年度目標を発表する「キックオフ会議(写真(1))」の開催
  • 外国人労働者への技術継承として「外国人実習生向けの勉強会(写真(2))」の開催
  • 乳牛の体調や採食行動をチェックする等、現場立会を通じた「改善活動(写真(3))」
(1)
(2)
(3)
MDAで支援している3つの“カイゼン”
日常カイゼン 目標設定カイゼン 仕組みカイゼン
活動方針 全員参加で問題をみつけカイゼンする ありたい姿を描き、カイゼンを進める 永続的に人の成長を支援する
内容 5S活動、SOP(標準作業手順書)作成、ホワイトボードミーティング 等 理念・ビジョン・経営計画の策定、会議のあり方整理 等 人事評価制度の導入 等
活動プロセス
  • 問題意識を持つ癖をつけ、カイゼンマインドを向上
  • 当事者意識の向上
  • 農場内のコミュニケーション促進による風通しの良い風土づくり
  • 農場経営のあるべき姿を描き、経営理念やビジョンを策定
  • 現状の問題点を把握し解決策を導き出す力を養う
  • 年間目標を設定し、チームでカイゼンを行う
  • 会社の求める人物像(キャリアプログラム)の明確化
  • 永続的な人材成長の支援するマインドの構築
  • リーダーの部下育成能力向上
  • 管理職の育成
成果 “農場スタッフ”の成長 “経営陣・リーダー・後継者”の成長 “組織”の成長
第1回 MDAミーティングを開催

酪農家とのパートナーシップを深めるために、2022年2月2日に「第1回 MDAミーティング」を開催しました。コロナ禍を考慮し、オンラインでの開催となりましたが、当日は全国から約60人の農場関係者をはじめ、社内外から約170人に参加いただき、MDAの取り組み内容紹介やパネルディスカッションを実施しました。MDAミーティングを通して、酪農家は悩みを語りあい、それぞれが解決の糸口を見い出せる非常に有意義な時間となりました。

本社ミーティング会場
本社ミーティング会場
酪農家パネリスト
酪農家パネリスト

酪農乳業産業の持続可能な発展に向けた取り組み事例:「明治オーガニック牛乳」

提案型の牛乳として販売する「明治オーガニック牛乳」は、有機JAS規格の認証牛乳です。北海道網走郡津別町にある指定牧場で、有機農法の考え方に基づいた方法で飼育された乳牛から搾った生乳のみを使用しています。(株)明治では1997年頃より「牛にやさしく」「環境にもやさしい」牛乳づくりの検討を始めました。当時すでに環境にやさしい循環型酪農を行っていた津別町の酪農家の方々と連携し、オーガニック牛乳の開発をスタート。さまざまな試行錯誤の末、2006 年に5軒の酪農家の方々が「有機畜産物のJAS規格」の認証を取得し、販売にこぎ着けたこだわりの牛乳です。その基盤となる有機酪農は、環境への負荷低減に配慮した飼料での飼育、牛にやさしい環境での飼育という観点に配慮して行う酪農です。明治グループは、環境や牛の健康にも配慮した酪農の在り方を支援しながら、お客さまに新しい牛乳の価値を提供していきます。

有機酪農に取り組む酪農家の方の声

明治さんからの提案を受けて、我々自身も環境に配慮した酪農が必要だという思いからオーガニック牛乳への取り組みを重ねてきました。当初は何もノウハウがなく、化学肥料や農薬を使わない飼料生産は非常に手間がかかり、たいへん苦労しました。しかし軌道に乗ったいま、有機酪農の意義をあらためて強く感じており、今後も明治さんと協力しながらオーガニック牛乳の生産によりいっそう力を入れていきたいと考えています。そして、環境や乳牛に配慮して生産された商品であることがお客さまの購入の基準になる、そんな市場になってほしいと思っています。

石川賢一さまご夫妻 津別町有機酪農研究会会長
  • ※2019年度の農林水産祭におきまして、優れた活動や実績を上げた農林水産経営者を表彰する「天皇杯」を、津別町有機酪農研究会の石川賢一会長が受賞されました。
    主な受賞理由は「有機酪農の推進と有機農法での優良な自給飼料の栽培」です。

安定調達への取り組み

動物用製品の安定供給

動物用製品を安定的に供給することで、安全・安心な畜産物・水産物の安定供給と生産性の向上に寄与し、畜水産業の更なる発展に貢献していきます。

閉じる

カカオ調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに人権や環境など、社会的責任に配慮したカカオの調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

消費者向け製品および業務用製品の製造に使用するカカオ

行動指針

  1. カカオ生産国・地域における法令を遵守し、適切な手続きがされているカカオを調達します。
  2. 明治グループ独自の生産支援プログラム「メイジ・カカオ・サポート」の取り組みやWCF(World Cocoa Foundation)との協働を通じて、持続可能なカカオ調達に取り組んでいきます。
    1. (1)人権を尊重した適切な労働環境の確保(児童労働・強制労働の監視など)に努めていきます。
    2. (2)カカオ生産地域における生態系および天然林を含む環境上重要な地域の保全に努めていきます。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. カカオ調達における取り組みについて、毎年報告します。
閉じる

パーム油調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに社会的責任に配慮したパーム油の調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

消費者向け製品および業務用製品の製造で使用する購入パーム油

行動指針

  1. 認証パーム油(RSPO、ISPO、MSPOなど)を優先して使用します。
  2. 認証以外のパーム油を使用する場合は、自社もしくは第三者との協働により、以下(1)~(4)に該当し、持続可能な形で生産されていると認められるものを使用します。
    1. (1)パーム油生産国または地域における法令を遵守し、適切な手続きがされているもの。
    2. (2)人権を尊重した適切な労働環境が確保されているもの(児童労働・強制労働の監視など)。
    3. (3)先住民族等の土地に関する権利が尊重されているもの。
    4. (4)原産地における生態系および泥炭地や天然林を含む環境上重要な地域が適切に保全されているもの。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. パーム油の使用実態の把握と認証パーム油への代替について、毎年報告します。
閉じる

紙調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに社会的責任に配慮した紙の調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

  • 明治グループ製品の包装資材
  • 会社案内、製品パンフレットなどの発行物およびコピー用紙などの事務用品

行動指針

  1. 環境に配慮したFSC®※1、PEFC※2などの森林認証紙、または再生紙を優先して使用します。
  2. 認証紙・再生紙以外の紙については、自社もしくは第三者との協働により、以下(1)~(4)の項目に該当したものを使用します。
    1. (1)原料となる全ての木材は、法令等を遵守して適切な手続がされているもの。
    2. (2)伐採・採取に従事する労働者において、人権を尊重した適切な労働環境が確保されているもの。
    3. (3)伐採・採取にあたって、先住民族等の土地に関する権利が尊重されているもの。
    4. (4)原産地における生態系、泥炭地や天然林を含む環境上重要な地域が適切に保全されているもの。
  3. サプライヤーに本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  4. 環境に配慮した紙の使用実態の把握と取り組み状況について、毎年報告します。
  1. ※1 FSC®(Forest Stewardship Council®
  2. ※2 PEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)
閉じる

生乳調達ガイドライン

明治グループでは、「明治グループ調達方針」に基づいて、取引先とともに人権や環境、アニマルウェルフェアなど、社会的責任に配慮した生乳の調達活動に取り組んでいきます。

対象の範囲

  • 消費者向け製品および業務用製品の製造に使用する生乳

行動指針

  1. 生乳生産国・地域における法令を遵守し、適切な手続により生産された生乳を調達します。
  2. 明治グループ独自の生産者経営支援活動や生産者との協働を通じて、生産現場の作業効率と経営管理技術の向上に貢献し、持続可能な生乳調達に取り組んでいきます。
  3. アニマルウェルフェアの指針である「5つの自由」に配慮した飼養管理は、倫理面はもとより、酪農乳業産業の発展に資する手法であると考え、関係者との協力のもと業界一体となった取り組みを行います。すなわち、飼養環境への配慮、健康な乳牛の育成、衛生的な作業および作業空間作りなどに努めます。
  4. 取引先に本ガイドラインを周知し、問題があった場合は適切に対応します。
  5. 生乳調達における取り組み状況について、毎年報告します。