(株)明治は2021年9月に米国ニューヨークで開催予定の「国連食料システムサミット2021(Food Systems Summit:FSS)」へ支持を表明し、持続可能な食料システム実現に貢献する取り組みについて、コミットメントを提出しました。

持続可能な食料システム、特に「質(栄養)・量(供給)の両面にわたる食料安全保障」「食料消費の持続可能性」「環境に調和した農業の推進」の実現に貢献するため、「明治グループサステナビリティ2026ビジョン」および明治グループ長期環境ビジョン「Meiji Green Engagement for 2050」に基づき、将来にわたって自然との共生を目指して、持続可能な食料システム構築に資する取り組みを多様なステークホルダーと連携し積極的に推進してまいります。

●「国連食料システムサミット(Food Systems Summit:FSS)」とは

国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成のためには、持続可能な食料システム(食料の生産、加工、輸送および消費に関わる一連の活動)への転換が必要不可欠だという、グテーレス国連事務総長の考えに基づき開催される国連主催のサミットです。2021年7月イタリアローマでプレサミット、2021年9月に米国ニューヨークでサミットが開催される予定です。

FSSは、食料をシステムの視点で捉えて、その持続性の確保を世界的な共通の課題として議論し、今後のあるべき姿を示そうとする各国ハイレベルによる初めての国際会議です。

FSSでは、食料システムの課題として5つのテーマが設定され、それぞれの課題をどのように解決していくべきかについて、議論が行われる予定です。

  • 1.
    質(栄養)・量(供給)両面にわたる食料安全保障
  • 2.
    食料消費の持続可能性
  • 3.
    環境に調和した農林水産業の推進
  • 4.
    農山漁村地域の収入確保
  • 5.
    食料システムの強靭化